自律神経失調症で休職!復帰するにはどうすればいいの?

Pocket


自律神経失調症は、認知されてきたとはいえ
まだまだ理解されているとは言いづらいですよね。

「実際に自律神経失調症と診断されて
会社を休んではみたものの戻りづらい……」

そう思う方が殆どではないでしょうか?

私も職場復帰するまでは毎日怖くて仕方がありませんでした。
だって、私もこの病気になるまでどんな病気か知らなかったんですから!

でもだからといって、何もしないままでは円滑な職場復帰がなされませんよね。

そこでこのページでは、休職を決めたあなたが
職場に復帰するまでにしておきたいことを書きました。

私も実際に上司の方から、
管理者の立場から見て、やってくれていると助かること
を伺ってきましたので、参考になるとおもいます!




休職中にすべきことは?

休職中にすべきこと。
それはたったひとつだけです。

・病気を治すこと

その為には、病気を治すことに
専念できる環境が必要です。

まずは、「お金について」

いざ休職すると
お金の心配が出てきますよね。

でももし、休職中に給料を出してもらえないとしても
心配しないでください。

休職中の給料が保証されない場合には
「傷病手当」が使えます。

給与の平均日額の約2/3で
1年6か月まで支払われるんです。

ちなみに、給与が傷病手当より少ない場合にも
差額を受け取ることができます。

ですから、休職中のお金は心配せず
しっかりと病気を治して
仕事に専念できる体に戻していきましょう!

次に「病気について」

これは、ゆっくりと治していくしかありません。

自律神経失調症とは、全治○ヵ月と
はっきりと数字を出せません。

人によっては何年もかかることがあります。

そして、原因がはっきりしない病気でもあります。

というのも、自律神経失調症とは
ストレスによって心身の状態に支障をきたす病気だからです。

ストレスは、さまざまな要因で感じますから。

私も、自律神経失調症と診断されても
何がストレスになっているのか、
はっきりとはわかりませんでした。

本当にいろいろなことを、
ストレスに感じていましたので(笑)

ですが、ひとつだけ意識していたことがあるんです。

それが、「仕事のことを忘れること」

「職場に戻れるだろうか……」
「私がいなくても仕事は大丈夫だろうか……」
「私は職場に必要ないんじゃないだろうか……」

仕事のことを考えれば考えるほど、
絶対にネガティブな考えになってしまうんです。

絶対に、絶対になんです!
これは、はっきりと断言できます。

休んでいる時に、仕事のことを考えて
病気が良くなるはずがありません!

意識して忘れるようにしてみてくださいね。

最初は難しいですし、出来ないと思います。
しかし、私でも続けていると、
出来るようになりました。

是非、やってみてください!



職場に復帰するにはどうすればいいの?

職場に復帰するために必要ことは2つです。

  • 職場との相談
  • 病気の治療

病気の治療はもちろんですが、
職場との相談は、絶対に必要です。

特に、休職前の相談が
復帰には重要なんです。

自律神経失調症は、長期の治療が必要な病気です。

事前にどれくらいの休職期間が必要なのか?
それをちゃんと伝えるようにしましょう。

わからなければ、
どれくらいの周期で連絡を入れるのか?

はっきりと職場に伝えることで
スムーズな職場復帰が可能です。

私の職場でも、自律神経失調症で
休職された人が以前にいました。

ですが、その方は辞めてしまいました。

上司に伺ったところ、
職場として、彼女をどう支えていいか
わからなかったんだそうです。

彼女の病状が、今どうなっているのか?
職場復帰は出来そうなのか?

上司の方は、その二つさえわかれば
職場も受け入れの準備が出来たのに、と仰っていました。

これは、どの職場でもそうだと思うんです。

仕事のことは忘れるべき!と上で言いましたが、
職場復帰を望むのであれば、
定期的な連絡は必要です。

まとめ

今回のまとめです。

  • まずは病気を治す
  • 職場・上司への病状の説明

この2つが職場復帰に最も重要なことです。

特に一つ目は絶対条件!
中途半端に治ったような気がすると
職場に出ようとする人がいますが
私は絶対にやめるべきだと思います。

仕事をしたいというあなたの気持ちは痛いほどわかるんです。

実際、私も職場が気になってしょうがありませんでした。

しかし、病気をおろそかにしたままだと
誰にも信用してもらえません。

最終的には、仕事をさせてもらえなくなってしまうことだってあり得ますよね。

ですから、まず仕事よりも病気をしっかり治すこと!
辛いでしょうが頑張りましょう。

そして、その病気の状況をしっかりと職場に伝える。
これさえできれば、職場復帰は円滑に行われるはず。

もし、病気に対して理解の少ない職場にいるのでしたら
ご自身の体調や、ご家族としっかりと相談したうえで
職場を変えることを強くおすすめしたいです。

自分の身体よりも職場のほうが大事なんてことはないと思います。
健康こそが第一ですよ!



Pocket


コメントを残す