自律神経失調症で休職は必要ある?どうすればいい?

Pocket


自律神経失調症で休職が必要と診断された時、
私はまっさきにこう思いました。

「仕事……どうしよう」

病気で仕事をすることが辛い。
でも、休職してしまうと復帰できるかどうか不安。

病気で休職なんて軽々しく決定できません。

それどころか
「そもそも、自律神経失調症と診断されたからといって休職が必要なの?」
なんて考えていたくらいです。

このページでは、

  • 休職は必要あるのか?
  • 休職するならば必要なものはなにか?

について書いていきたいと思います。

休職しようかどうしようか迷っている人は是非読んでください。




休職する必要はあるの?

休職する必要はあるのか?

その質問に関して私は、あると答えたいです。

休職が必要な理由。それは、
これからも仕事を頑張れるようにするためです!

「職場に迷惑をかけちゃいけない……」
「この程度で休むなんていっちゃだめだ……」

そうおもったりしませんでしたか?
私はまさにそう考えていたんです。

そのため、体調ぎりぎりまで我慢して仕事をしていました。

でも、体調がどんどん悪化していき
最終的にはベッドから立ち上がることすら辛くなってしまったんです。

もちろん、そんな状態で仕事が上手くいくはずもありません。
私は長期間、休職することになってしまいました。

もっと早く休職していれば
こんなに長く休むことにはならなかったと
病院の先生にも言われてしまいました。

最悪、辞めなければならなかったかもしれません。

病気をしっかり治す事。
それが、一番大事なことです。

そして、病気を治すために休職は必要なことです。
まずは、病気を治すことに集中しましょう!



休職のために必要なものは?

休職のために必要なものは2つあります。

  • 医師による診断書
  • 職場との相談

まずは、「医師による診断書」です。

休職をする時には、まずは職場に相談したいですよね。

ですが、私の経験上、いきなり相談を持ち掛けても理解されにくいです。

自律神経失調症の場合、
症状が目に見えて出ていることが少ないですよね。

ですから、職場の人からしてもよくわからないんです。

特に、自律神経失調症にかかったことがない人からすれば

  • どれくらい病気が辛いのか?
  • 本当に仕事が出来ないほどなのか?

それもわからないんです。

私も、実際に自律神経失調症と診断されるまでは
「自分が弱いから、仕事をさぼりたいと思ってしまっているのかも」
そう考えていたんです。

かかっている本人にすらわからないのに
他の人に、一方的に理解してと言っても伝わりませんよね。

ちゃんと診断書があれば
職場としても、休職させやすいんです。

ですから、まずは「医師による診断書」を準備しましょう!

診断書があるかないかで
職場への説明のしやすさと
職場からの理解が大幅に変わります。

次に必要なのが
「職場との相談」です。

ここではしっかりと

  • 病気で働くことが困難なこと
  • 休養が必要なこと
  • 職場に復帰したいこと

を、説明することが大事です。

この時「医師による診断書」があると
相手に説明がしやすいですね。

また、事前にお医者さんと相談し、
説明することを、あらかじめ紙にまとめました。

私も、実際に上司と相談したのですが
その時に、とても重宝しました。

その場で考えていては、相手に上手く伝えられません。

相談する前は、大丈夫とおもっていても
いざ相手に説明しようとすると、
うまく言葉に出来ないものです。

絶対に準備しておくべきだと
私は強くおすすめします!

まとめ

このページでは、

  • 休職は必要あるのか?
  • 休職するならば必要なものはなにか?

について書いていきました。

休職を決断するのって本当に難しいですよね。
どうしても職場に迷惑をかけてはいけないという気持ちが働くと思います。

ですが、本当に迷惑はかけてしまうこととは何でしょうか?

  • 病気を黙ったままある日突然職場に行けなくなってしまう
  • 辛い思いをして、良い仕事が出来ずお客さんにも迷惑をかけてしまう

これらのほうが、職場にとっても辛い結果になると思いませんか?

「職場に迷惑をかけたくない」

そんな思いが強い人こそ、休職をしっかりと選択肢にいれるべきだと私は思います。



Pocket


コメントを残す