舌の口内炎!4つの症状から原因をチェック!

Pocket


舌に出来た口内炎が超痛い(ノ_-。)
今日はもう誰からも話しかけられたくない……。

あなたもそんな事ありませんか?

私もよく舌に口内炎ができるのです。
ですからその気持ち本当によくわかります!

「お願い話しかけないで!」
何度こころの中で相手にお願いしたことか。

口の痛みでうまくしゃべれなくて
相手を怒らせてしまったことも一度や二度じゃありません。

違うんです……
不機嫌でも無視してるんでもないんです……
あまりの痛さにしゃべれないんです(;_; )

きっとあなたもこんな辛い思いをしているでしょう!
そしてあなたを悩ませる口内炎の原因を知りたいと思っているはず!

そこでこのページでは
20年以上口内炎に悩まされ続け
何10万円もかけて病院に通い続けた私が
実際に原因を見つけた方法をご紹介しちゃいます!




原因を探す!!……でもその前に

では憎き舌の口内炎を退治するために
原因を探していこうと思います。

「原因もなにも、ほっておけば勝手に治るんじゃん。」
「えっ、薬塗ったりビタミンとってれば治ると思ってた。」

人に聞いたら大体こんな返事がもらえました。
私もどんな口内炎でもこの方法で治ると思ってたんです。

でもまずそれが間違いでした。
実は、舌に出来た口内炎って
原因によって治し方が違うんですよ。

ですから、他の人やネットで見た治し方が
効果ないってことがあるんですね。

そうとも知らずに、本当に長い間
「薬ぬっても治らないし、
ビタミンサプリ飲んでも治んないじゃん(`Д´)!! 」

と、怒ったり悩んでいました。

というわけで「原因」を見つける必要があります。

では、どうしたら「原因」を見つけることが出来るのか?

そのためには口内炎の「症状」を知る必要があるんです。

口内炎ってこういう「症状」が出たから
こんな「原因」が考えられる!という病気なんですよね。

ですから、まずは症状をしっかりと確認して
原因を特定していきましょう!

あなたの口内炎の症状は?

では口内炎の症状を確認していきます。

ここで見ていく症状は全部で4つです。

  • カタル性口内炎
  • アフタ性口内炎
  • ヘルペス性口内炎
  • カンジダ性口内炎

それぞれ特徴的な症状がありますので
鏡で自分の口内炎を見ながら確認してくださいね。

全ての症状に当てはまっている必要はありません。
どれかひとつでも心当たりがあればOKです!

カタル性口内炎

舌のカタル性口内炎
カタル性口内炎の症状には以下の特徴がみられます

  • 炎症などによって赤く全体が腫れる
  • 赤い斑点のようなものが出来る
  • 皮膚の下に水がたまった場合、粘膜が白くなる
  • 粘膜の抵抗が弱くなり、歯や食べ物で傷つきただれる
  • よだれがたくさん出てくる
  • 熱が伴う場合、逆に乾く

いわゆる、「口の中が荒れた状態」です。
このような状態が出てきた場合、
カタル性口内炎を疑ってください。

噛んで出来る口内炎もこれにあたります。

アフタ性口内炎

舌のアフタ性口内炎
アフタ性口内炎の症状には以下の特徴がみられます

  • 口の中に1~数個、円形や楕円形の白い窪みが出来る
  • 食べたり飲んだりすると、強い痛みが出る
  • 1週間~10日間であとかたもなく消える
  • 場合によっては再発を繰り返す

これが一般的な口内炎です。
1週間くらいで治るんだったら楽勝じゃない?
と思われるかもしれませんがとんでもない!
私はアフタ性口内炎が「一番厄介な口内炎」だと思っています。

その理由は原因のところで詳しく説明しますね!

ヘルペス性口内炎

舌のヘルペス性口内炎
ヘルペス性口内炎の症状には以下の特徴がみられます

  • 1~数個、米粒大から小豆大の粘膜のただれが出来る
  • 急速に口の中全体に広がる
  • ずきずきと強く疼くように痛む
  • 顎の下のリンパ節が腫れる
  • 食べると激しい痛みがある
  • 食べる時に多量の唾液が出る
  • 発熱や頭痛、不眠、食欲不振などを伴う
  • 全身がだるく感じる

今まではアフタ性口内炎のひとつと言われていたため
アフタと混同されやすい口内炎です。

アフタ性と違い、綺麗な円形ではなく
いびつな形になりやすいので確認してみてください!

カンジダ性口内炎

舌のカンジダ性口内炎
カンジダ性口内炎の症状には以下の特徴がみられます

  • 口の中に白い点々が出来る
  • だんだんと拡大して帯状になっていく
  • まだら状の苔のようなものになる
  • 最初は粘膜がざらざらしているように感じる
  • 苔は簡単にはがれる
  • 皮膚がただれると痛みを伴う

舌や口の中になんか白っぽい苔が生えているように感じたら
それはまず間違いなくカンジダ性口内炎です。

最初は「舌の汚れかな?」と感じるかもしれませんが
舌の汚れ(舌苔)とは違い、もっとはっきりと白いのが特徴です。
痛みが出てきたら間違いありません。



口内炎の原因は?

ここまで、代表的な口内炎の症状を確認してきました。

私はこれを知らなかったお陰で随分苦しみました(;_; )

「カタル性」も「アフタ性」も「ヘルペス性」も
同じような処置をしていたんです。

そりゃ治らないわけです……。

でも症状さえわかれば原因を見つけられますからね!
ではその原因を探していきましょう!

カタル性口内炎の原因

カタル性口内炎が出来る原因は
主に「局所的原因」と「全身的原因」の2つです。

局所的原因とは

  • 刺激の強い食べ物(トウガラシなど)
  • アルコールの強いお酒
  • 喫煙
  • 放射線治療の影響
  • 噛むなどの歯による刺激

局所的原因では、口内炎が出来る原因がはっきりしていることが多く
止めれば再発することも少ないです。

私はお酒も呑まないし、タバコも吸わないのですが
よく口を噛んでしまいます。

噛むとはれて大きくなるのでまた噛んでしまうという悪循環。
口内炎がないときも、「噛まないようにしなきゃ」と
びくびくしながら食べています(笑)

全身的原因とは

  • 風邪、インフルエンザ
  • 胃腸の不調
  • 扁桃腺やのどの炎症
  • 甲状腺機能障害などの内分泌異常
  • 抗生物質の副作用

一方で全身的原因は、全身に影響を与える病気が
口の中にまで影響を及ぼした結果に出来る口内炎です。

このため、口内炎自体が治っても
原因が取り除かれるわけではないので
すぐに新しい口内炎が出来てしまいます。

口内炎を直接対処するだけでは、再発することがほとんどですね。

「噛んでるわけでもないのにすぐ口内炎ができる……」
そう悩んだときには全身的原因を疑ってください。

私は風邪の前には口内炎がいつもできます。
ですから特に理由なく口内炎ができた時なんかは
「また風邪かな?」と思っています。

アフタ性口内炎の原因

  • アレルギー
  • 内分泌異常
  • ウイルス感染
  • 胃腸障害
  • 過労
  • 精神的ストレスなど

これらの原因で口内炎が出来ます。

アフタ性口内炎は再発しやすいものが多く
また、数年から数十年続くこともあります。

原因が原因だけに、口内炎自体を治しても
原因を取り除くことが出来ないんですよね。

特にストレスが原因だったりすると最悪で
「口内炎が痛くてしゃべれない……」
というストレスで新しい口内炎ができたりします。

私は以前、営業職に勤めていたのですが
あまりにも口内炎ができるものですから
仕事を辞めることになってしまいました。

だって痛くて喋れないんです。
営業なんて出来るはずがありません(ノ_-。)

一生懸命はなしても、
「大丈夫ですか?」
なんて心配されておしまいって感じでした。
20年以上にわたって未だに苦しめられている口内炎です。

アフタ性口内炎からわかる重大な病気

アフタ性口内炎が何度も何度も出来る場合、
「ベーチェット病」という難病が考えられます。

ベーチェット病とは、慢性的に皮膚や粘膜や目に
様々な症状を繰り返す病気で厚生労働省の難病に指定されています。

あまりに何度も繰り返すようでしたら
お医者さんに相談してみてくださいね。
私も何度も相談にいきました。

ヘルペス性口内炎の原因

子供の頃に発症することの多い口内炎です。

  • ウイルス感染
  • 自律神経障害など

これらが原因です。

原因となる単純ヘルペスウイルスが
人から人へ直接接触するか
もしくは、免疫力が低下することで感染します。

「ひとり暮らしだし、誰かからウイルスもらった覚えないけど?」
実はこのウイルス、症状が出ないまま感染している場合もあるんです。

ですから、覚えがないからといって原因が
ヘルペスウイルスではないと判断するのは危険です。

特に症状が似ているアフタ性口内炎と混同しやすいですが
ヘルペス性ウイルスを何とかしない限り治りません。

症状をよく見て、わからなければお医者さんに相談することをおすすめします。

カンジダ性口内炎の原因

カンジダ性口内炎はカンジダに感染することで発症します。

カンジダとは、口の中にいる常在菌です。
そのため健康な人が発症することは殆どありません。
しかし、以下の場合。

  • 抵抗力が落ちている
  • 抗生物質を使用している

このような状態ですと発症してしまいます。
常在菌ですので、完全に消し去ることが出来ず厄介ですね。

私の口内炎、舌癌の心配はない?

はじめて口内炎になった人や、再発を繰り返している人は気になりますよね。
私も気になって、病院の先生に泣きついたことがあります。

舌癌には特徴的な症状があります。

  • 口内炎の周りが固くなる
  • 2週間以上治らない

口内炎の周りがいつもより固くなっていると感じたり
いつも10日くらいで治る口内炎が今回は長いなと感じたら
すぐに病院にいってみてもらいましょう。

その口内炎は舌癌のサインかもしれません。

どの症状、原因にもあてはまらないんだけど?

そんな時にはすぐにお医者さんに診てもらいましょう!

たかが口内炎、されど口内炎です。

私もそうだったのですが、
「口内炎くらいで病院はちょっと……。」
そう思っていました。

口内炎は重大な病気のサインになっていることもあり
いつもの口内炎と違うなと少しでも感じたら
恥ずかしがらずにすぐに病院へいきましょう!

最後に

口内炎は原因を見つけることが難しい病気です。
というのも「あまりにも多くの原因が考えることが出来る」のです。

私は毎週10個以上の口内炎が出来るのですが
実はどの病院に行っても原因はわからないと言われました。

「なんでこんなにお金払って高い検査もしたのにわからないんだっ!」
口にこそ出しませんでしたが、そんな気持ちでいっぱいでした。

一生この痛みは治らないんじゃないか?
いつか痛みでしゃべれなくなるんじゃないか?

そう不安になって何度も眠れなくなりました。
仕事も辞めるはめになった頃でそのくらい追い詰められたんです。

お医者さんを恨みそうになったこともあります。

もちろん今はそんなことは考えていませんよ!

「お医者さんは神様じゃない。
口内炎の原因は自分で見つけるしかない」

私はこう考えるようになりました。

  • 自分がどんな生活をしているのか?
  • どんなものを食べているのか?
  • どんなことにストレスを感じやすいのか?

一番知っているのは間違いなく自分です。

ですから、「口内炎の原因は自分で見つけるしかない」のです。
これが20年以上かけて見つけた私の答えです。

むしろ口内炎が出来たら
「あ~自分の体、今なにか不調があるんだな~」
とそう考えて、原因を探してみると
生活習慣の見直しにもなると思います!

涙がでるほど痛い口内炎ですが、
完治するまで頑張りましょう!



Pocket


コメントを残す